代謝を良くして体温を上げる

基礎体温が上がらないと起こること

最近では、基礎体温が35℃台と低体温の人が多いそうです。体温が低いということは、身体の巡りが悪いので、冷え性・ダイエットをしても痩せにくい・寝不足といった身体の不調をきたす原因となってしまいます。
冷え性を例にとると冷えないように薄着をしないとか、カイロを張るなどという行為はは一時的なものであって、根本的な解決策にはなっていません。

 

では、どうしたらよいのでしょうか?

適度な運動

まず出来ることといったら、全身の血行を良くするために軽めの運動をするなど、身体を動かすことです。ストレッチなどが効果的でしょう。あまり張り切って運動をしても、続かなくては意味がありません。出来る範囲での運動で構いません。

食事を見直す

次に、食事の見直しをしましょう。現代人は時間がないなどの理由で朝食を食べない人が多いようですが、一日の身体の働きをよくするためにはしっかりと栄養を摂らなくてはいけません。朝食は、眠っている間に下がった体温を上昇させる効果があるのです。

酵素を上手に摂る

私達の身体には酵素が不可欠です。消化酵素と代謝酵素の2種類があることはこちらで説明してますが、効率よく酵素を摂取するためには、酵素ドリンクを摂り入れるのが良いでしょう。ポイントAでも紹介したように、1日の身体を作るのには朝食が重要になってきます。酵素ドリンクには、普段の食事では摂り切ることの出来ない栄養素が豊富で、野草を使っているものが多く身体の中から温める効果も高いのです。

 

お茶をする女性代謝を上げたい!私の年代に合う酵素ドリンクは?


と言った方には数ある酵素ドリンクの中でも、年代別に紹介しています。参考になさって下さい。

 

年代別酵素ドリンクはこちら

 

身体の巡りが良くなることで、基礎体温が1度高くなると、私たちの身体の代謝量は13%もアップするのです。肩こりは冷え性からくるものがほとんどですので、冷えが解消されると自然と肩こりも軽くなるでしょう。冷え性の人はビタミンやミネラルを摂ると良いので生野菜を摂ることを勧められますが、生野菜で必要な分の栄養素を摂ろうとするとかなりの量が必要になります。フルーツもお勧めですが糖分が多くカロリーを気にする人にはあまり向きません。

 

その点、酵素ドリンクは野菜や果物の栄養素を凝縮し、手軽に摂取できるドリンクタイプになっています。
カロリーも一番低いもので20mlあたり10.6kCalと低カロリーですので、心配いりません。

 


ダイエット効果ランキング 便秘解消ランキング 腹もちランキング 低カロリーランキング