野草のパワーに迫る

野草のパワーに迫る

草が生い茂っている山道

古くから、野草は「薬」として利用されてきました。雑草と野草って同じ様に見えますが、大きく違います。雑草とは田んぼや家の敷地など人が管理している場所に生えてきて邪魔となる植物を指し、一方雑草は人が管理していない山や野原など自然の中に生えている植物を指します。

そんな自然の中で育った野草にはどんなパワーが秘められているのでしょうか?


酵素ドリンクに使用されている野草たち

スギナ
スギナはシダ植物の一種で胞子をつくる茎が芽生えそれがつくしになります。繁殖力が強く、踏みつけても根っこを抜いても、どんな強力な除草剤をまいても旺盛な生命力で死に絶える事がない野草です。カルシウムを多く含みホウレンソウの150倍の栄養素を持っていると言われています。
クマザサ
栄養素がぎっしりつまったクマザサですが、その中でも3大栄養素といわれるのが「葉緑素」「アミノ酸」「クマザサ多糖体」です。まず葉緑素ですが、コレステロールや有害な物質を体外に排出する役割があります。次にアミノ酸ですが、牛乳やお米に多く含まれています。なんとその2倍ものアミノ酸がクマザサには含まれています。聞きなれないクマザサ多糖体ですが、人の体を形成している細胞の一番外側にある膜を形成してるものを多糖体と呼びます。その傷つきかけた細胞膜を修復してくれる力を持っているのです。このほかにもクマザサには各種ビタミンやミネラルなども豊富に含まれています。
柿の葉
柿の葉に含まれるフラボノイドの中の成分が花粉症予防やアトピー性皮膚炎等のアレルギー症状の緩和に有効とされています。柿の葉にはビタミンCが豊富でレモンの約10〜20倍以上、緑茶の20倍以上も含まれています。そのビタミンCは「プロビタミンC」と呼ばれ、ビタミンCになる一つ手前の状態で、体内でビタミンCへと変化するので熱に強く調理時に破壊されにくい優れものです。
かりん
花梨と書きますが、果肉は硬く味が渋いため生食には向かず、ジャムや果実酒、シロップ漬けなど加工品にされるのが一般的です。コラーゲンの合成に関与していて、美肌を維持jするのに有効的です。薬用として使用されるのは咳止め用の作用が一般的です。含まれる成分はクエン酸やリンゴ酸、ビタミンC、糖質などがあります。
キダチアロエ
アロエは昔から「医者いらず」と言われてきたもので、独特の苦みを形成しているアロインは胃酸の分泌を高め て胃の活動を活発にし、消化不良や胃下垂などの症状を軽減する作用があります。その他にも胃腸の調子を整える効果があるとされているアロエニンや、軟化した動脈をやわらかくし狭くなった気管を拡張させ血圧を下げる効能があるというアルカロイドなどはキダチアロエのみに含まれる成分です。

当サイトで紹介している野草を中心とした酵素ドリンクはこちらです。

 

野草酵素
野草酵素

60種類の野菜、野草、さらには海藻などの自然から厳選した素材だけを使い、丁寧に熟成発行させたのが、こちらの野草酵素。100%天然熟成された純植物性発酵エキスである野草を中心として作られた人気の酵素です。

 

酵素八十八選 野草専科

酵素八十八選バナー 

通気性の良い陶製のかめを使用し、中に入れた食物エキスを呼吸され、まろやかでコクのある酵素へ発酵・熟成させた商品。

野草専科バナー

発酵時にはクラッシック音楽を聞かせ、やわらかい空気の中で発酵させ、黒砂糖の様な甘さの酵素ドリンク。

 

野草を中心とした酵素ドリンクは、これらの成分を無駄にすることなく使用し、発酵・熟成させています。自然の中で力強い生命力で自生していた野草。そのパワーを体内に取り入れて痩せやすい体質に改善しましょう。

ダイエット効果ランキング 便秘解消ランキング 腹もちランキング 低カロリーランキング